超凡思考 - UENOTE

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超凡思考

2009年10月14日 14:49


超凡思考超凡思考
(2009/02/10)
岩瀬 大輔(著) 伊藤 真(著)

商品詳細を見る


”「当たり前」を愚直にやり抜くと、平凡は非凡に変わる。”
”早道も、正解も、どこにも転がってない。結局、どこまで自分と向き合えるか。”


上のメッセージにある通り、書かれている内容は至極「普通」というか、当たり前のようなこと。
その「普通」な努力を続けていくための気持ちの持ち方や、ちょっとしたコツなどが紹介されています。


小さな勝利をペースメーカーに、達成感を覚える
目標は小さければ小さいほど、達成しやすければしやすいほどいい。

自分に対して要求水準を高く持つ
いまの自分よりもっとよくなる、よくなり続けることに執着する。
こうありたいという姿により近づく努力をすることは、自分が思う豊かな生き方に近づくこと。
そのためにできることはもっとあるはず。

目の前の仕事で結果を出す
今の仕事がコピー取りならば。コピー取りで日本一になるくらいの気概と工夫を持つ。
与えられた仕事で「誰にも負けない」切り口を意識的に作る。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。