高知~室戸~京都 - UENOTE

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知~室戸~京都

2009年09月30日 21:00


IMG_5803.jpg

最終日。高知から室戸、徳島を経由して京都に向う。
事前の調べでは徳島まで行くのに6時間かかる計算。
あまりゆっくりもしていられないので、朝8時半に高知を出立。


海沿いの国道55号を東へ。
日差しがキツく、窓から入る風も湿度が高い。高知はまだ夏
海はとても綺麗なエメラルドグリーン

室戸は、南海地震が起これば津波の被害を受ける可能性がある警戒地域。
55号線沿いにも、津波警戒標識や避難所の方向を示す案内板をたくさん見かける。
途中の道の駅では、行政の担当者だろうか、地震に関するアンケートを行なっていた。



IMG_5811.jpg

IMG_5815.jpg

2時間半ほどで室戸岬に到着。
浜辺に下り、岬の突端に立ってみる。
今このタイミングで地震が起きて津波が来たら、確実にヤバイ。
さっきまで自分が津波を他人事のように捉えていたことに気付く。

辺りには土産物屋も、何も無い。
自販機でコーヒーだけ買い、車に戻る。


55号線を岬で折り返し、土佐浜街道を徳島に向って北上する。
ここから約20キロほど、真横に太平洋を眺めながら走る。

時折太陽が覗き、時折雨が強く振る。
片道一車線の道路は、前走車も後続車も対向車もいない。
この道は、もうとにかく最高。


徳島に入ると、海沿いの道を外れ、少し内陸へ。
単調な一般道が続く。
少し漫然運転気味

15時ごろ徳島駅に到着。
想定よりだいぶ早い。
駅地下でお土産を購入。
遅めのお昼に、名産のぼうぜ寿司も


鳴門ICから高速に乗り、いよいよ四国を出る。
ひたすら北へ。
淡路島を小一時間で走りぬけ、明石海峡大橋へ。
淡路島側から渡ると、橋上から須磨~明石の町並みが一望できる。
夜に渡ると、夜景が素晴らしいんだろうなと思う。

三木JCTで間違って岡山方面にのり、三木小野ICでとってかえす。
中国道に入ると、途端にものすごい交通量
しかもでかいトラックやバスが平気で追い越し車線を走ってる・・
淡路道とのあまりの違いに戸惑いながらも、京都にむかってひた走る。


名神に入り、桂川PAで最後の休憩。
午後6時過ぎ、無事帰洛。






END




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。