宇和島~四万十~高知 - UENOTE

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇和島~四万十~高知

2009年09月30日 20:00


IMG_57951.jpg

宇和島から国道320号に沿って、こんどは東へ。
鬼北を通って四万十川上流に向う。

田舎道を通っていて時々見かけるのが、「○○建設反対!!」とか、そういう類の看板。
鬼北町には、下水道整備を陳情する看板があった。
どこも色々な問題を抱えてるんだなと思う。


途中で国道381号に乗り換え、道の駅「四万十とおわ」に向う。
四万十川上流に沿って走る道は、空気が清々しくて気持ち良い。
道沿いには時々みかける田んぼは、収穫期で一面黄金色。

道の駅「四万十とおわ」は綺麗に整備されていて休憩にはちょうど良い。
川まで下りる道を歩いてみる。
水の中をのぞくと、すぐ近くにまで小さな魚がたくさん見える。
本当に綺麗な川なんだなと実感する。
売店で名産の川エビの唐揚げを食べてみる



IMG_5797.jpg

道の駅「四万十とおわ」から、国道441号線に沿って川を下る。
有名な岩間沈下橋のあたりは、本当にのどか
少し曇りがちな天気で、ひっそりとした雰囲気が引き立つ。
快晴だったら、真っ青な川面が最高に綺麗だったんだろうなと思う。

下流になるほど川幅は広くなり、水量も増える。
遮るものの何も無い静かな川面に、空が映りこむ。

川沿いの道は時々とても狭くなり、「落石注意」と「警笛鳴らせ」の看板が目立つ。
車一台がギリギリすれ違うことの出来るくらいの道幅。
前からトラックが来ないことを祈りつつ、走り抜ける。







四万十川が海に注ぎ込む中村町に到着。
この時点で既に午後5時。だいぶ予定より遅れている。
休憩も挟まないまま国道56号線に乗り換え、高知市に向う。

片道一車線の道、夕方だけに通行量も多く、なかなか思うように進まない。
前走車の遅さに終始イライラ・・
陽が沈んでしまうと、比較的大きめな道なのに思いのほか暗い。

片道一車線のトンネルを走行中、車内外の温度差でフロントガラスが急激に曇って真っ白になった。
この時は前走車も無く、調子よく80kmで走っている最中
後ろには後続車ぴったり着いていて、迂闊に速度も落とせない。
ハンドル操作を過てば、右側の対向車と正面衝突・・・
この時ばかりは、リアルに命の危険を感じました・・・

須崎東ICから高知自動車道に乗る。
山のど真ん中を走る高速は、街の灯りも何も見えず、まさに真の闇・・
前の車と極力距離を空けないように気をつけながら、なんとか伊野ICまでたどりつき、高知市へ入る。


ホテルに車を置きようやく一呼吸。
早速居酒屋へ
はりまや橋ちかくの店にぶらりと入ってみる。
名産の土佐焼き、鰹のタタキ、鯨カツを食べてみる
店のおばちゃん衆がものすごく気さくで、楽しい。
また高知に来たときは是非行きたい店です (飲み食い処 せい和) 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。