大覚寺 - UENOTE

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大覚寺

2009年05月19日 14:50


IMG_5065@.jpg
*2009/05/18 16:10 Reimeiden, Daikakuji, Sagano, Kyoto.

IMG_5037@.jpg
*2009/05/18 15:45 Shinden, Daikakuji, Sagano, Kyoto.


嵯峨野、大覚寺。


皇室と深いつながりを持つ寺院で、元は嵯峨野天皇の離宮であったところ。
代々の住職を皇族(法親王)が努め、現在でも御所風の雰囲気を残すお寺だそうです。

「般若心経の根本道場」とも言われ、写経修行も盛んなんだとか。

嵯峨天皇の御代、弘仁9年(818)に大飢饉と共に疫病が流行し、沢山の人々が亡くなりました。これを憂いた天皇は弘法大師の勧めにより、離宮内で一字三礼の礼節を尽くして『般若心経』を写経され、表紙には檀林皇后が「薬師三尊」を浄写、弘法大師は離宮内の「五覚院」で五大明王に祈念したところ、その霊験たちどころに現れ、疫病が退散し、歓喜の声が満ち溢れたといわれています。その嵯峨天皇ご宸筆の般若心経は、「勅封心経」として現在も心経殿に奉安されています。(大覚寺HP


観月の名所大沢池、国指定名勝広沢池も近くにあって、まさに「古きよき日本の里山」と言った趣。
夏にはホタルも見れるし、同じ京都市内とは思えないほど自然が豊かな地区です。

実は我が家からチャリで10分の距離ですが





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。