Archives[ 2009年06月 ] - UENOTE

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会

2009年06月23日 20:21


IMG_5205@.jpg

内定者の自主企画で、毎週勉強会をしています。
その中で社員さんが言われた言葉。

「スピードは信頼の源泉」

当たり前のようで、なかなか当たり前には出来ないこと。
真理ですね( ´_つ`)


スポンサーサイト

妙心寺・大心院

2009年06月16日 23:57


IMG_5088@.jpg
*2009/05/29 12:49 Daishinin, Myoshinji, Hanazono, Kyoto.

IMG_5097@.jpg
*2009/05/29 13:11 Daishinin, Myoshinji, Hanazono, Kyoto.

妙心寺の塔頭の中でも数少ない公開された寺院。
宿坊が有り、お泊りできます。

夜と霧

2009年06月15日 02:56


夜と霧夜と霧
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る


”大方の被収容者の心を悩ませていたのは、収容所を生きしのぐことができるか、という問いだった。
生きしのげられないのなら、この苦しみのすべてには意味がない、というわけだ。

しかし、私の心をさいなんでいたのは、これとは逆の問いだった。
すなわち、私たちを取り巻くこのすべての苦しみや死には意味があるのか、という問いだ。
もしも無意味だとしたら、収容所を生きしのぐことに意味などない。
抜け出せるかどうかに意味がある生など、その意味は偶然の僥倖に左右されるわけで、
そんな生はもともと生きるに値しないのだから。”


more open

成長投資

2009年06月12日 19:47


目標: 2010年3月31日までに・・・

①TOEICで満点を取る
②即戦力レベルのビジネス英会話を身につける



残り少ない自由な時間、ただ漫然と過ごすのではなく、成長投資をする
内定者研修で決めた、残りの大学生活中の目標です。

”強い意志で、量が質に転化するまで継続すること”

やったります!

話を聞かない男、地図が読めない女

2009年06月12日 14:12


話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く話を聞かない男、地図が読めない女
―男脳・女脳が「謎」を解く

(2002/09/01)
アラン・ピーズ/バーバラ・ピーズ

商品詳細を見る


”男と女はちがう。どちらが良い悪いではなく、ただちがう。
科学の世界では常識だが、差別嫌いの社会が全力でそれを否定にかかっている。
男と女は等しく扱われるべきだという社会的、政治的な観点は、
両者が同じであることを前提にしている。
だがその前提には、まったく意味が無い。”

ジェンダーフリーや男女同権が声高に叫ばれる中で、
生物学・脳科学の実験データをもとに男女の脳の構造の違いと行動様式の違いを暴き、
性差を前提とした最適なコミュニケーションの在り方を提言する。

ベストセラーになったので、むかし本屋で平積みにされているのを見た人も多いのでは?
ネーミングはちょっとアレですが、中身はけっこうマジメ。
皮肉たっぷりに紹介される男女の典型的な行動例が面白い。

ただし、内容を頭から鵜呑みにしてステレオタイプに捕らわれないように注意。

楽しいムーミン一家

2009年06月09日 19:06


たのしいムーミン一家 (講談社文庫)たのしいムーミン一家 (講談社文庫)
(1978/04)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る


”ヘムレンさんは、みじめにうめいて、鼻を砂の中につっこんでいました。

「これじゃあ、あんまりだ。どうして家もないまずしい植物学者が、
しずかに平和な一生を送ることができないんだろ」
こういって、ヘムレンさんはなげきました。

「生きるってことは、平和なものじゃないんですよ」
と、スナフキンは、満足そうにいいました。”

ムーミン谷の彗星

2009年06月09日 18:58


ムーミン谷の彗星 (講談社文庫 や 16-2)ムーミン谷の彗星 (講談社文庫 や 16-2)
(1978/10)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る


”「この道」 「野外ダンス場」 「売店」
立てふだには、こう書いてありました。

「まあ、わたし、ダンスしたいわ。」
と、スノークのおじょうさんは、手をたたいてさけびました。

「地球がほろびるというのに、ダンスなんかしてるひまがあるかい」
スノークはいいました。

「わたしたち、ダンスをするのだったら、いまのうちにしなくちゃ。
ねえ、にいさん!地球がほろびるまでには、まだ二日あるのよ。」”


こちらも10年ぶりぐらいに読み返してみた。

ムーミン童話はカテゴリー的には児童文学になりますが、
これは小さい子供が読んでもたいそう理解しがたいでしょうね。

理不尽な展開も多いし、非常にシニカルで、哲学的です。
深い。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。