Archives[ 2009年05月 ] - UENOTE

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構え

2009年05月30日 22:58


自宅のすぐ裏に小学校があるんですが、今日はそこの小学校で運動会をしていました。

5月に入ってからほとんど毎日、体操やリレーや入場行進の練習や、
応援歌を歌いながら下校する子供たちの姿を見ていたので、

なんとなくこっちまで親近感というか、先生になったような気分になりつつ。

結果は、白組さんが優勝したようです

おめでとう☆


more open
スポンサーサイト

ぼくは勉強ができない

2009年05月28日 17:32


ぼくは勉強ができない (新潮文庫)ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
(1996/02)
山田 詠美

商品詳細を見る


ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ―。
17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪いのだ。この窮屈さはいったい何なんだ!
凛々しい秀美が活躍する元気溌剌な高校生小説。



”ぼくは、くじいた手首を気づかいながら、風呂に入った。
練習のときに皮膚に張り付いた汗が流れて行くのが良く解る。
礼子が、ぼくの汗臭さに気付かなければ良かったのだがと僕は思い、心地よさに目を細める。

贅沢だなあと、湯船につかるたびに、ぼくは思う。
ささやかなことに、満足感を味わう瞬間を重ねて行けば、それは幸せなように思える。
何故、人間は悩むのだろう。いつか役立つからだろうか。
だとしたら、役立てるということを学んで行かなくてはならない。

しかし、後に役に立つ程の悩みなんて、あるのだろうか。
とりわけ、高尚な悩みというやつの中に。”


more open

小倉昌男 経営学

2009年05月28日 01:47


小倉昌男 経営学小倉昌男 経営学
(1999/10)
小倉 昌男

商品詳細を見る


”郵便局の牙城である個人宅配市場にいかに切り込むか。

郵便局以外にライバルがいないにもかかわらず、商業貨物と異なり、個人宅配を扱う運送業者がいなかったのには、数々のデメリットがあると考えられてきたからだ。
個人宅配は、いつどの家からどんなかたちの荷物をどこに運ぶのか決まっていないため、集配効率が極めて悪い。

私の作業はこの”常識”をあえて疑い、逆にどうすればこの市場で効率よく集配できるかを考えるところから始めた。”


”新しい別の市場への転換を考えているのに、デメリットがあるからやらないと言ってしまったら、初めから話にならない。

ではどうしたらデメリットを抑えることができるのか。
それを考えるのが経営者の役割であった。”



ヤマト運輸元会長で宅急便の生みの親、小倉昌男氏による経営論。

more open

所感・メモ

2009年05月26日 01:17


北朝鮮が核実験をしたり、

新型インフルエンザが強毒性になるんだとかならないんだとか、

まったくめんどくさい世の中です。


more open

鰻と落語

2009年05月26日 00:44


yose

新京極の老舗鰻屋「かねよ」さんで、月イチでやっている寄席。

桂歌之助師匠の「鮑のし」という演目が面白かった

お笑い・漫才で慣らされた世代ですが、たまには落語も良いですね◎

ツチヤ教授の哲学講義

2009年05月23日 01:01


ツチヤ教授の哲学講義ツチヤ教授の哲学講義
(2005/12)
土屋 賢二

商品詳細を見る


”本人が選ぶものについて、「本当はどっちなのか」と問うのはヘンです。

「本当は自分はどんな性格なのか」と問うと、あたかも自分の性格というものがすでにどこかに存在していて、それを探し出すみたいです。ちょうど宝探しのように、どこかに埋もれているのを探し出すみたいにね。

でも、実際には正直かどうかはあらかじめ決まっているわけではなくて
その人がいろんな機会に嘘をつくのを選ぶかどうかによってはじめて決まるんです。
だから、「本当は自分は正直な人間かどうか」と問うのは意味がないように思えます。

「本当は自分は正直なのか」と問うのは、ちょうど易者に「今日、ぼくはカツ丼を食べるでしょうか、カツカレーを食べるでしょうか」と聞くのと同じだと思うんですよね。
カツ丼にするか、カツカレーにするかは自分が決めることです。
だから、人に教えてもらうようなことではないんです。”


more open

大覚寺

2009年05月19日 14:50


IMG_5065@.jpg
*2009/05/18 16:10 Reimeiden, Daikakuji, Sagano, Kyoto.

IMG_5037@.jpg
*2009/05/18 15:45 Shinden, Daikakuji, Sagano, Kyoto.


嵯峨野、大覚寺。


皇室と深いつながりを持つ寺院で、元は嵯峨野天皇の離宮であったところ。
代々の住職を皇族(法親王)が努め、現在でも御所風の雰囲気を残すお寺だそうです。

「般若心経の根本道場」とも言われ、写経修行も盛んなんだとか。

嵯峨天皇の御代、弘仁9年(818)に大飢饉と共に疫病が流行し、沢山の人々が亡くなりました。これを憂いた天皇は弘法大師の勧めにより、離宮内で一字三礼の礼節を尽くして『般若心経』を写経され、表紙には檀林皇后が「薬師三尊」を浄写、弘法大師は離宮内の「五覚院」で五大明王に祈念したところ、その霊験たちどころに現れ、疫病が退散し、歓喜の声が満ち溢れたといわれています。その嵯峨天皇ご宸筆の般若心経は、「勅封心経」として現在も心経殿に奉安されています。(大覚寺HP


観月の名所大沢池、国指定名勝広沢池も近くにあって、まさに「古きよき日本の里山」と言った趣。
夏にはホタルも見れるし、同じ京都市内とは思えないほど自然が豊かな地区です。

実は我が家からチャリで10分の距離ですが

帷子ノ辻

2009年05月18日 17:57



*2009/05/15 17:24 Katabiranotsuji-station, Kyoto.



2009年05月17日 14:46


wiki_1.jpg
photo: wikipedia


”人身受け難し 今すでに受く  
仏法聞き難し 今すでに聞く
この身今生に向かって度せずんば 
更にいずれの生に向かってか この身を度せん” (三帰依文)


臨済宗妙心寺派大本山、日本最大の禅寺、妙心寺にて。

座禅を組んできました。



more open

平和のリアリズム

2009年05月16日 16:14


平和のリアリズム平和のリアリズム
(2004/08)
藤原 帰一

商品詳細を見る


”まず、平和を不必要に美化することを止めなければならない。
言葉だけの読み込みや飾りをはぎ取った平和とは、要するに戦争が行われていない状態に過ぎない。
実現が難しいのは戦争の廃絶であって、平和ではない。”


”この本に収められた文章のなかで私が試みたことは、
権力闘争としての国際政治の実情を前提とした上で、それでもなお、武力行使への希望的観測には頼らない、より慎重な政策はありえないのか、という課題に取り組むことだった。

「平和のリアリズム」は、たしかに矛盾した表現かも知れない。
だが、憲法か安保かなどという原則論にすべてを帰着させるような教条主義ではない、それぞれの状況のなかから平和の条件を探る作業には、やはり意味がある、と思う。”



新進気鋭の若き国際政治学者、藤原帰一氏の論集。
非常に好きな学者。

原理原則の適用ではなく、具体的な状況の中から平和の条件を探ること、
価値判断先行の議論ではなく、現実から目を逸らさずに打てる手を模索することの重要性を説く。

more open

若きサムライのために

2009年05月15日 23:15


若きサムライのために (文春文庫)若きサムライのために (文春文庫)
(1996/11)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


”私は『武道初心集』を読みかえすごとに、現代の若い’サムライ’が勇者か不勇者かを見る区別は、
もっと別のところに見なければなるまいと思う。

それは何であろうか。
それは非常事態と平常の事態とを、いつもまっすぐに貫いている一つの行動倫理である。
危機というものを、心の中に持ち、その危機のために、毎日毎日の日常生活を律してゆくという
男性の根本的な生活に返ることである。

危機というものが男性に与えられた一つの観念的役割であるならば、男の生活、男の肉体は、
それに向かって絶えず振りしぼられた弓のように緊張していなければならない。

私は町に、緊張を欠いた目をあまりに多く見過ぎるような気がする。
しかし、それも私の取り越し苦労かもしれない。”



自衛隊の基地に突入し割腹自殺を遂げる1年前に刊行された書。


後半は対談集で、当時の学生闘争や安保問題についての三島の見解が述べられている。
そのエッセンスを一言で言うと
「今の日本には自分達の国を自分達で守るという気概が無い。それじゃダメだ」ということ。

三島は一般に右翼思想家と言われるが、その思想の根本のところは
封建的でも軍国主義的でもない、しごくまっとうな愛国的感情で、普通に理解できる。

ノルウェーかぶれ

2009年05月13日 20:04




*For more information click here.


こんなトコね(。・ω・)ノ゙



等持院

2009年05月12日 16:59


tojiin
*2009/05/12 13:49 Tojiin, Kyoto.


tojiin2
*2009/05/12 14:22 Tojiin, Kyoto.


今日はとても天気が良かったので、学校帰りにぶらりと等持院に寄ってきました。


1341年、室町幕府初代将軍 足利尊氏 によって創建。

金閣寺や龍安寺、妙心寺といった周辺のお寺よりはだいぶ小さく、こじんまりとしたお寺ですが、
境内には尊氏公の墓碑や、歩くたびに音の出るウグイス張りの廊下など、見所も◎


平日のお昼は参拝客もほとんど無く、境内はとても静か。
街の喧騒から離れ、ゆっくりとした時間を過ごせました。


鴨川

2009年05月12日 12:01





見ました!

難しいことを何も考えないで楽しめる作品◎

京都の学生にとってはおなじみの場所がたくさん出てきて、こちらも見ていて楽しい
うちのキャンパスもかなり出てました

鯛の靴

2009年05月09日 20:25




と て も タ イ ク ツ ( ´_つ`)




今日は教習所初登校でした。

早く免許とってどっか旅行行きたい

教養論ノート

2009年05月07日 20:18


教養論ノート教養論ノート
(2000/10)
浅羽 通明

商品詳細を見る


”私たち人間はどこまで動物であるか?
大宇宙のなかで、地球と私たち生命はいかなる存在であるか?
こういう「私たち」に即した問いかけに応えるかたちへとあらためて構成し直されたとき、
生物学の研究成果は、天文学の知見は、
ようやく、「自分の人生を考える一材料」=自己分析のためのデータとしてスタンバイしてくるだろう。

学問が生み出した成果を、どこまでも、今ここの「私たち」のあり方とどう結びつくのかという一点へ、
知識を、理論を、あくまでも、「私たちの生き方(あるいは死に方)」へどうフィードバックできるかという
一点へ収斂させてゆく”

蟹工船 / 一九二八・三・一五

2009年05月07日 19:22


蟹工船 / 一九二八・三・一五 (岩波文庫)蟹工船 / 一九二八・三・一五 (岩波文庫)
(2003/06/14)
小林 多喜二

商品詳細を見る


”革命的理論なくして、革命的行動はあり得ないッて言葉があるさ、君もしってる有名な奴さ。
けれども、それはそれだけじゃ本当は足りないと、俺は思ってるんだ。
その言葉の底に当然のものとして省略されている大物は、何といったって情熱だよ。
牛が、何がなんであろうと、しかし決してやめる事なく、のそりのそりと歩いてゆく、
それが殊に俺達の執拗な長い間の努力の要る運動に必要な情熱じゃないか、と思うんだ。”


プロレタリア文学の古典。


『蟹工船』では、まだ社会主義の体系的な知識がもたらされていないころ、
函館の蟹工船に乗る漁夫らがその過酷な労働に耐えかね、集団蜂起を画策する姿を、

『一九二八・三・一五』では、社会主義の流入後、官憲の弾圧と拷問に遭いながらも
活動を続ける共産党員たちの姿を描く。


党派性色濃い作品であるにも関わらず、現代の共産党にある「キナ臭さ」が全く感じられない。

筆者自身も労働運動に没頭し、警察による拷問で死亡していることもあり、

”選択すべき主張がその人の生死に関わらなくなり、すべての「主義」が「趣味」に変わり果てた”
(中森明夫)と言われる現代とは一線を画す、「リアルな思想」を感じさせる。

金色的週間①

2009年05月02日 23:44



おたべさんのサイトから)

GWは毎日京都駅前でイベントやってます
お近くにお越しの方は是非◎


         


今日は東京に留学に来ているノルウェー人の友人が京都に来ていたので、久々に再開。

友人の友人も合わせて、ノルウェー人2人とスペイン人と自分の4人で食事に行きました


すき焼きをまだ食べたことがないと言うんで、河原町六角に。

普段は金が無く牛丼チェーンの常連だそうなので笑、
今日は日本に来てから一番グッドな食事だったと言ってました◎

そう言ってもらえると、もてなす側もうれしい


会話も弾んで、久しぶりに留学時代を思い出すような楽しい時間でした。

swine flu

2009年05月01日 13:12




新型インフルエンザの感染拡大を防ぐ、英政府のキャンペーンCM。
最初の方、多少 nasty ですが・・・感染力の強さは非常によく伝わります。


more open



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。