Archives[ 2009年04月 ] - UENOTE

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年04月29日 22:53


雁    (新潮文庫)雁 (新潮文庫)
(1948/12)
森 鴎外

商品詳細を見る


人間以上のなにものかによって、自らの飛翔を阻まれることの儚さ。

「偶然」が織り成す、運命と奇縁の物語。


スポンサーサイト

昭和とゴーヤとタイムについて

2009年04月29日 17:23

greece

今日はやけに人出が多いと思ったら、祝日なんですね

うちの大学は祝日だろうが何だろうが問答無用で授業があるので、、
気がつきませんでした。


      


スーパーに行ったらゴーヤがあったので、
もう今日はゴーヤフェスティバルを開催することに決めました。

久しぶりに自炊らしい自炊を楽しもう◎

花屋でハーブのタイムの苗を発見したので、それも購入。40円


こんくらいのことでも、ちょっとだけ幸せになれます。


more open

はたらきたい。

2009年04月28日 23:48


はたらきたい。はたらきたい。
(2008/03/18)
ほぼ日刊イトイ新聞

商品詳細を見る


”今から考えたってわかりゃしないよ。
結果は結果だ。
結果にこだわるから何もできなくなる。
それがいちばん愚劣なことなんだ。”


”自分で決めたんだよ。
いろんな価値観があっていい。
いろんな生きかたや、いろんなスタンスがあっていい。
いろいろ大変なことはあるだろうけど、自分で決めたんなら、自分の力で乗り越えて。

まぁ、泣き言くらい言ってもいいよ。
愚痴のふたつみっつ、言いたいときは、嫁さんがいたら嫁さんに聞いてもらえばいいじゃん。
でまた、ふたりで、力合わせて乗り越えていくと。

ただ、後悔して、後悔して、自分を恨んで、恨んで、つまんない人生にはするなよって言ってるわけ。”


藤田晋の仕事学

2009年04月27日 23:05


藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー
(2009/04/27)
藤田晋

商品詳細を見る


日経ビジネスアソシエの連載を集めて単行本化したもの。

シゴトをする上でのヒント集という感じでしょうか。


新入社員は”入社段階で既に差がついている”!という、なんとも危機感の煽られる項も・・・

残り1年、ただ単に遊び呆けてはいられないなと、再認識させられました


日くらし、硯にむかひて。

2009年04月26日 22:38


昨日は初の関西内定者飲み会でした。

予想通りというか、予想以上というか、内定者みな異常にテンション高い笑


more open

武士道

2009年04月26日 20:09


武士道 (岩波文庫)武士道 (岩波文庫)
(1938/10)
新渡戸 稲造

商品詳細を見る


”憂きことのなほこの上に積れかし 限りある身の力ためさん

かくして武士道の教うるところはこれであった
― 忍耐と正しき良心とをもってすべての災禍困難に抗し、かつこれに耐えよ。”


過去に2回この本を読んだことがあるのですが、歳を経て、3度目にしてようやくわかりました。

こ れ は 名 著 だ 。


武士道はキリスト教とも比肩する壮大な倫理・道徳規範でありながら、
体系的な教義・固守すべき教典を持たなかったがために、「体系」としては滅ばざるを得なかった。

が、そのエッセンスは本書によって世界と後世に伝えられ、歴史に明白な奇跡を残した。
そういう意味で、本書が果たした歴史的役目は途方もなく大きい。

使える弁証法

2009年04月26日 18:50


使える 弁証法使える 弁証法
(2005/11/25)
田坂 広志

商品詳細を見る


”世の中のすべての物事の進歩や発展は、
右肩上がりに一直線に進歩・発展していくのではない。
あたかも螺旋階段を登るようにして進歩・発展していく。

すなわち、「進歩・発展」と「復活・復古」が同時に起こる。

「未来進化」と「原点回帰」は、同時に起こる。”


ネット広告部門局長のSさんと、アメリカ支社長のNさんが薦めてくださった本。

これは、モノにするとすごいかもしれない。

内容的には別に難しくなく、
テーゼ × アンチテーゼ → ジンテーゼ
という普通の弁証法の内容なんですが、

それをビジネスの枠組みに当てはめているのが、灯台下暗しと言うか、何と言うか。
ある意味で画期的なところです。


この田坂さんの本は他にもおもしろそうなのが多いです


ponyo

2009年04月25日 13:35


崖の上のポニョ [DVD]崖の上のポニョ [DVD]
(2009/07/03)
宮崎 駿

商品詳細を見る


食わず嫌いしてたんですが、見ました。
今更ながら

何やかんやで、面白かったんですが、
同時にちょっと怖い映画だなという感想も持ちました。
子供に人気の作品ということですが、彼らの目にはどのように映ってるんでしょうかね。。

個人的には、モールス信号のシーンがすごーく気に入りました

明日の広告

2009年04月22日 18:18


明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045)明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045)
(2008/01/10)
佐藤 尚之

商品詳細を見る


”ネットの出現+情報洪水+成熟市場。
この三連発は消費者を根本的に変えた。

広告をスルーするわ、
どの商品もそんなに違わないと高を括るわ、
商品を使ってみた評価などをネットで教え合うわ、
一時代前の従順な消費者の面影はまったくない。

「疑い深い消費者」の登場である。”


まがりなりにも広告の世界に進むわけなので、勉強しないと。。
ちょうどFたく氏のブログでも紹介されてましたね



自分をデザインする

2009年04月22日 18:17


自分をデザインする自分をデザインする
(2006/05)
横川 隆司

商品詳細を見る


自分を総合的にデザインするヒューマンデザインマネジメントを提案する。
筆者はADKのクリエイティブディレクターで、うちの大学のご出身だそう。

雑惑

2009年04月22日 01:25


内定承諾のハンコをつきに梅田へ。

人事のKさんと1時間くらい小話。

Kさん、1時間の半分くらい爆笑してた笑

・・・やっぱ、こういう会社。笑


         


知り合いの議員さんの主催する、若年投票率向上イベントへ。

ごちゃごちゃ理由つけて選挙行かない人、

多くの先人が、選挙権を得るために血を流してきた歴史を見れば、

選挙権放棄なんてできないはずなんだ。


         


結婚を見据えてる人たちが、周りにチラホラ。。。

自分、まだまだ縁遠いです。


         


某社の選考でなぜか馬術テストをやらされるという夢を見ました。

就活・・・終わってみると、意外と手持ち無沙汰な毎日です。。


微生物

2009年04月20日 21:41


人事のHさんに電話して、内定を承諾する旨を伝えました。


電話切ってしばらくしたら、今度は別の人事のKさんからTEL。

「今聞いたよ!ありがとう!これからよろしくね!
びっくりして、嬉しくて、別に用無いんだけど電話しちゃった笑」


こういう会社で、良かった。


坂の上の雲(八)

2009年04月20日 18:19


坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)
(1999/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


”皇国の興廃、此の一戦に在り。各員一層奮励努力せよ”


坂の上の雲(七)

2009年04月19日 23:51


坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)坂の上の雲〈7〉 (文春文庫)
(1999/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


坂の上の雲(六)

2009年04月19日 23:51


坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)坂の上の雲〈6〉 (文春文庫)
(1999/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


”この街には、フィンランドからの亡命者が多い。
たとえば、明石は公使館へゆくまでのあいだに、ひとりの老紳士によびとめられた。

「あなたは、日本の軍人ですか」と、明石の顔をのぞきこむようにして、ロシア語で聞いた。
四年前、ロシア帝国はロシア語をもってフィンランドの公用語として押し付けたのである。

「そうです」と、わざとフランス語で答えた。
老紳士はすぐさまロシア語をすて、フランス語にきりかえた。
切りかえたとき、ロシア語をしゃべったときの表情とは別人のようにあかるくなっていた。

「日本がロシア帝国に対して戦いを宣言したということを新聞で知りました。
われわれは同じ東洋人として、そしてまたおなじくロシア帝国に圧迫されている民族として、
この戦いの前途に勝利があることを祈っています。」”



満州の野における大合戦の裏側で繰り広げられた革命工作を描く”大諜報”が面白い。

帝政支配下におかれたポーランド、フィンランド、アルメニアや、ユダヤ人、ロシア本国の労働者らが
日本陸軍大佐・明石元二郎の援助のもとで革命運動を激化させる。

トルコ人は現在でも日本人に大いに好意を寄せてくれるが、その理由の一つは
日露戦争で日本がロシアを打ち負かしたことへの感謝であるという話を思い出した。
欧露における帝政ロシアへの怨嗟がどれだけ根深いものか、この事実からも伺い知れる。

続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。

2009年04月19日 23:51


続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。
(2008/12/20)
戸田 智弘

商品詳細を見る


”不完全さと不確実性を喜んで受け入れる。
そして、不完全さと不確実性に怖じ気づくことなく、それを逆に楽しむ余裕を持つ。
ドラマには必然性のみならず偶然性が不可欠だ。
ハプニングのないドラマは退屈だ。

すべての決定は仮決定にすぎす、最終決定ではないということを理解する。
だから、とりあえず決定する。
あなたの未来は決定から始まるのだ。
そして前に進むこと。
間違ったらやり直せばいい。
あなたには「失敗する自由」がある。”


働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

2009年04月19日 23:51


働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。
(2007/07/12)
戸田 智弘

商品詳細を見る


”自分に与えられた条件をまずは受け入れること。
そして、その条件のもとで自分の仕事をデザインしてみる。
現実とかけ離れた観念に惑わされることなく、
「ここではないどこか」に自分の人生の意味を求めるのでもなく、
あくまで「今、ここ」に目を向ける。”


”行動は恐怖を消してくれる。
行動に移ろう。待っていてはいけない。
100%準備ができているなんてことなんて無いのだから。”


夢破れて、もう一度進路を考えなおさなければならなかった時、
「働く」ということについて、深く重く考えすぎていたことに気づかされ、
次に進む力を与えてくれた一冊。

坂の上の雲(五)

2009年04月19日 23:51


坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)坂の上の雲〈5〉 (文春文庫)
(1999/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


”近代国家になったということが庶民の生活にじかに突きささってきたのは、徴兵ということであった。
国民皆兵の憲法のもとに、明治以前には戦争に駆り出されることのなかった庶民が、兵士になった。

近代国家というものは「近代」という言葉の幻覚によって国民に必ずしも福祉をのみ与えるものではなく、
戦場での死をも強制するものであった。

が、明治の庶民にとってこのことがさほどの苦痛でなく、ときにはその重圧が甘美でさえあったのは、
明治国家は日本の庶民が国家というものにはじめて参加しえた集団的感動の時代であり、
いわば国家そのものが強烈な宗教的対象であったからであった。”



坂の上の雲(四)

2009年04月19日 23:51


坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)坂の上の雲〈4〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


このあたりになってくると、主人公らの視点からの記述は少なくなり、
大局的、巨視的に見た日露戦争史といった感じになってきて、多少退屈である。

特に旅順攻略の章では、乃木将軍らの失策について筆者の執拗なまでの批判が繰り替えされ、
指導者の愚が2万人の兵の命を奪ったことに対する司馬の憤りの深さの表れであろうが、
読んでいて正直うんざりする部分も多かった。



紅しだれ

2009年04月09日 23:41


benisidare

*2009/04/09 19:03 Heian-Jingu, Higashiyama, Kyoto.


紅しだれコンサート@平安神宮、行って参りました。

でん②がモギリしてた。笑。



ものすごい人でしたが、ライトアップされた桜が夜風に舞い散る様は本当にきれい。

特に東神苑では、ライトアップされた桜とコンサートステージの照明が神苑の池に映りこんで、
周囲の喧騒も忘れて魅入ってしまうほどの美しさでした。

ピアノ、チェロ、尺八のトリオユニット「古武道」の演奏も◎

素敵なコンサートでした




関係無いですが、桜はバラ科だそうです。

意外性!


桜花爛漫

2009年04月08日 21:06


sakuranomiya.jpg

*2009/04/08 10:23 Sakuranomiya, Osaka


アサイチからMBS社の面接。

昼からのITC社の面接まで3時間も暇が出来てしまったので、思いつきで毛馬桜ノ宮公園に

JR桜ノ宮駅から、御堂筋線の淀屋橋駅まで、川沿いにずーっと歩いてみました。
2時間かかった。。。

けど、約5000本の桜並木は、まさに圧巻!
天気は良いし、人も多くないし、気持ち良い散歩でした☆


坂の上の雲(三)

2009年04月07日 23:40


坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)坂の上の雲〈3〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


”一つの時代がすぎ去るというのは、その時代を構築していた諸条件が消えるということであろう。
消えてしまえば、過ぎさった時代への理解というのは、
後の世のものにとっては同時代の外国に対する理解よりもむずかしい。”

”十九世紀からこの時代にかけて、世界の国家や地域は、他国の植民地になるか、
それがいやならば産業を興して軍事力を持ち、帝国主義国の仲間入りするか、
その二通りの道しかなかった。
後世の人が幻想して侵さず侵されず、人類の平和のみを国是とする国こそ当時のあるべき姿とし、
その幻想国家の架空の基準を当時の国家と国際社会に割りこませて
国家のありかたの正邪をきめるというのは、歴史は粘土細工の粘土にすぎなくなる。”

”世界の段階は、すでにそうである。日本は維新によって自立の道を選んでしまった以上、
すでにそのときから他国(朝鮮)の迷惑の上においておのれの国の自立をたもたねばならなかった。”


蕎麦と桜

2009年04月06日 21:33


arashiyama.jpg

*2009/04/06 16:31 Arashiyama, Kyoto


いつまでも寒い日が続いていましたが、ようやく春らしくなってきましたね

来年の今頃はゆっくり花見をしている暇もないのかな・・などと思ったので、
就活の合間をぬってぶらりと嵐山に行ってきました。

保津川沿いを歩き、帰りに嵐山よしむらでビールと蕎麦を。



至福

ちょっと一息

2009年04月06日 16:43


rc.jpg

*2009/04/06 11:36 Minami-Horie "river cafe", Osaka

面接の合間に、ちょっと一息。


坂の上の雲(二)

2009年04月05日 20:00


坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


”西洋が興隆したそのエネルギー源はなにか、という点では、
日本の国権論者はそれが帝国主義と植民地にあるとみた。
民権論者も、「自由と民権にある」とは言いつつも多くのものが帝国主義をもあわせて認めた。
帝国主義と自由と民権は渾然として西洋諸国の生命の源泉であると見、
当然ながらそれをまねようとした。”

”西洋の帝国主義はすでに年季を経、功を経、複雑で老獪になり、
かつては強盗であったものが商人の姿をとり、
ときに変幻してヒューマニズムのすがたをさえ仮装するまでに熟していたが、
日本のそれは開業早々だけにひどく「なま」で、ぎこちなく、欲望がむきだしで、
結果として醜悪な面がある。
ヨーロッパ列強では、帝国主義の後進国であるドイツが多分にそれであった。”



坂の上の雲(一)

2009年04月04日 02:08


坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
(1999/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



”男子は生涯一事をなせば足る

人生や国家を複雑に考えてゆくことも大事だが、それは他人に任せる。
それをせねばならぬ天分や職分をもった人があるだろう。

おれはそういう世界におらず、既に軍人の道を選んでしまっている。
軍人というのは、おのれと兵を強くしていざ戦いの場合、この国家を敵国に勝たしめるのが職分だ。

だからいかにすれば勝つかということを考えてゆく。
その一点だけを考えるのが俺の人生だ”



草創期にある明治日本において、国家の興隆と自らの生を重ねあわせ、
それぞれの「一事」を為すべく自らの道を定める3人の若者を描く。


カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言

2009年04月04日 01:40


カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言 (日経ビジネス人文庫)カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言 (日経ビジネス人文庫)
(2009/02)
村上 龍

商品詳細を見る


名言集のたぐいは好きじゃないですが、本書は対談集なので、その言葉の背景が分かって良い。
ただ、対談の掲載数が多すぎて、一つひとつのエピソードがやや浅薄。。


笑顔で

2009年04月03日 08:38


”勝利の女神は、
お通夜の晩みたいな顔をしたやつのところでは、絶対微笑まないだろう”

                             -- ホリプロファウンダー最高顧問 堀威夫


笑顔で
頑張ろう


4月01日

2009年04月01日 11:15


ノルウェーの友人が留学生としてやって来た。

LAに滞在していた友人が帰ってきた。

恩師がイギリスに飛び立った。


    


新社会人の皆さんは、初出社日でしょうか

新生活、羨ましい^^


1年後、晴れて第一志望の会社に出社できるように

自分も就活生頑張ります◎



筆記試験、行ってきます




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。