Category[ DIARY ] - UENOTE

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

2010年01月01日 23:23




明けましておめでとうございます。


こちらのブログも更新すると言ったのに全くの口だけですね笑

近況もろもろは UENOTE@Ameba で書いておりますので、よろしければご覧下さい☆



本年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

なごや

2009年10月20日 23:10


IMG_5846@.jpg
*2009/10/19 17:34

Another photo HERE

京都学生祭典

2009年10月15日 23:00


今年も無事に京都学生祭典が終わりました。

10日はOBOG同窓会の運営をやり、11日はGFのスタッフと撤去作業をやり、
12日は疲れきって夕方まで寝ていました。

祭典の終わった後は、毎年、何か茫漠とした、寂しいような、秋らしい気持ちになる。
今年はもう現役実行委員ではなく、ただのOBに過ぎないのに、やっぱりそういう気持ち。


「大学生活最後の祭典」だったから、なのかな。


2006年5月、新歓の時期に、赤いTシャツを着た女の子からもらった一枚のチラシ。
ツヤツヤの、やたら質の良い紙にフルカラーで、「平安神宮でおどろうや!」と書いてあった。
ほかのサークルが白黒コピー紙のチラシを配ってる中で、それは一際注意を引いた。

それから3年半。

あの時あのチラシを受け取らなければ、今この場所には居なかったんだろうな。
今ここにいる「自分」は、存在しなかったんだろうな。

そんなことを考えながら、平安神宮のステージ脇で、最後のGrand Finaleを見ていました。



第7回も終わり、同窓会の方もやがて代替わりし、そして春になれば自分は京都を離れる。
いよいよ本当に祭典とはお別れです。

寂しいね。ほんまに寂しい。

でも、それ以上に感謝。


本当にたくさんの素敵な出会いと、貴重な経験を、祭典からもらった。
この運命のような偶然に、本当に感謝しています。






”君と出会って 過ごしたこの町を 歩いてみた
次から次に 蘇ってくるよ その面影
この坂道を上がれば 大好きだった景色が見える
さよならベイベー また笑っておくれよ
数えきれない 大切な思い出ばかりが今も
心彩り 輝く
I Believe 「またいつか」と
その言葉 今も色褪せぬまま...”

秋、深まる。

2009年10月07日 01:19


一雨ごとに、秋が深まっていくようです。
夜の京都はもう寒い。

台風も近づいているみたいですね。
土日は何とか晴れてくれると良いんだけど・・


         
  

”希望の道に進んだ人も、そうでない道に進んだ人も
どの道に進んだ人も、人は二つ以上の人生を歩めない。
両方を経験できないから比較すらできない。

だから、自分の道を他のどの選択肢よりも一番輝かせようと努力すれば良いと思います。”


あるOBから頂いたメール。
かっこいいね。
こんなこと言える人になりたい。


よしゃ!頑張ろう!

内定式

2009年10月06日 15:23


10月2日、内定式と社員総会がありました。

 どんな遊びよりも、一番夢中になれるのは仕事。  ― 藤田社長
 ガムシャラMAXで頑張るか、ワクワクビジョンを持つか ― 曽山人事本部長


内定式と研修を終えた後は、半期に一度の社員総会。
(総会の様子は →藤田社長のブログ →中山常務のブログ) 

グッドスタート賞(新人賞)を受賞して、壇上で涙する1年目の先輩社員を見て、
1年後、自分も絶対あの壇上に上りたいと本当に思った。

この会社には、仲間の功績をみんなで褒め称える文化がある。
改めてとても良い会社だなと思った。


入社がとても楽しみになりました
more open



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。